インプラント審美歯科 | 京都市左京区の「いのうえまさとし歯科医院」は インプラント専門医 のいる歯科医院です。
インプラント・審美歯科|京都市左京区|いのうえまさとし歯科医院
お問い合わせサイトマップ

MENU

医院ご案内

得意な治療科目

インプラント
・インプラントとは
・インプラント費用
  ・CTを用いたインプラント
  ・インプラント最新情報
再生治療
・歯牙移植、歯牙再植
・歯周組織再生治療

予防
審美歯科
・ホワイトニング
・ラミネートベニア

新技術導入
・スポーツ歯科
・歯科口腔外科

その他

京都のインプラント専門医が答えます!インプラント相談室
京都インプラント再生センター
space
いのうえまさとし歯科医院ブログ インプラント専門医によるインプラントブログ
space
space
space
インプラント専門医によるブログ | 当サイト相談員によるインプラントブログ

歯周組織再生治療|新技術導入
いのうえまさとし歯科得意な治療内容 > 再生治療
歯周組織再生治療

歯周病で失われた歯槽骨はもう2度と元に戻らないでしょうか?
いいえ、状態によっては元に戻すことができます。
この再生療法の代表的な治療法としては、フィルターのような特殊な膜を使ったGTR法と士魂の表面に塗るタイプのエムドゲインがあります。いずれを選択するかは、個々の状況や費用、時間、などを考慮した上で患者さんに選択してもらいます。
エムドゲイン ゲル使用による歯周組織再生治療
歯周病により歯周組織が破壊させると、結合組織性付着が失われ、上皮によるポケット底部へのダウングロースが起こり、深いポケットが形成されます。これに伴い、歯根膜や歯槽骨が欠損して本来歯を支えるための歯周組織の機能が低下してしまいます。そこで、考案されたのが、エムドゲインゲル(スウェーデンのビオラ社製)です。歯の発生期に重要な役割を果たすエナメルマトリックスたん白質は、エナメル質の形成だけでなく、歯周組織再生環境を提供することに役立つと考えられています。エムドゲインゲルはこのエナメル・マトリックスたん白質に着目して様々な研究の中から産み出した製品です。エムドゲイン ゲルは歯周外科手術の際の補助材料として歯根面に塗布して用います。
※この方法は治療の性格上100%治療の成功が保証できるものではありません。
GTR法による歯周組織再生治療
1980年代の初頭に、歯を救う新しい治療方法の研究がスタートしました。その結果、歯周病の全く新しい治療方法として、歯の周りに必要な組織を再生させて、歯の支持構造をできるかぎり元の状態に戻すという再生法(GTR法)が確立され、1990年代になってから世界中で広く応用されるようになりました。従来の歯周外科の手術とほぼ同様な処置が必要になりますが、GTR法には1つ重要な違いがあります。それは、手術によりプラークや歯石を除去した後に、メンブレンを歯肉の下に一定期間おくことです。その後、ある期間を経過してメンブレンを取り除きます。すると歯は新しく再生した組織で覆われていきます。


TOP ページTOPへ


診療科目 : インプラント | 審美歯科 : ホワイトニング | 審美歯科 : ラミネートベニア | 再生治療 | 歯科 | 歯科口腔外科 | スポーツ歯科 | 歯牙移植、歯牙再植 | 歯周組織再生治療   医院ご案内 : 治療に対する考え方 | 院長プロフィール | スタッフプロフィール | 診察時間 | 交通&マップ | 当院で使用している機材 その他 :リンク



インプラント 京都審美歯科 京都 | 京都市左京区 いのうえまさとし歯科医院

住所 :〒606-0864 京都市左京区下鴨高木町1 TEL/FAX:075-723-8241(はによい)/ 完全予約制

アクセス : 京都市営地下鉄「松ヶ崎」駅より徒歩15分 (詳しいアクセス方法はこちら

ホームページ制作 京都